DIY

2011/12/13

青や白では・・・

1323785228546.jpg
世の中エコ化で照明のLED化がすすんでいる。
勤務先の廊下の照明も、直管蛍光灯がいつのまにかLED+人感センサにリプレースされた。省電力はいいのだが、色温度が高いと目に入るモノや景色が冷たく、味気なく見える。
白熱電球の黄色い光には柔らかさや暖かさがあり、その方がふさわしい場所はいくらでもある。
見つけた商品がこれ。ちょっと見はレトロなクリア電球。Gマーク選定品だ。


1323786494841.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/22

住宅火災警報器設置

Fam
消防法の改正とかで、住宅用火災警報器の設置が義務付けられている。私の住む徳島市でも、その条例により新築住宅は平成18年6月1日から、既存住宅にあっては平成23年6月1日から設置しなければならない。この手の安全設備は前々から気になっていて、ホームセンター等で見かけるたびに、そろそろ設置しようかなあと思っていた。実は、昨年の夏にパナソニックの直販サイトで安く売り出された時にセットものを買っておいたのだが、設置するための時間を割けずに今まで放置していた。
やっと重い腰を上げて、めでたく設置となった。施行令で定められている設置場所は、台所、階段、寝室。電波連動式を4台と単独式3台を設置。そのうち1台は離れの物置に奮発。
万が一の災害を予防するための投資。保険みたいなものだな。消防法の如何に関わらず、安全の確保とリスク軽減のために自主的に備えたい設備。法律で義務づけられると、腰が上がるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/21

エアポンプ修理

Photo
浄化槽点検業者から、我が家の合併浄化槽のエアポンプが壊れていると連絡を受けた。点検すると、確かに異音がする。新築以来、これで2回目。約5〜6年がダイヤフラムの寿命だということだろう。前回はホームセンターで購入した新品と入れ替えたが、今回はチャンバーブロックとエアフィルターがセットになっている補修キットをネットで購入し、修理することにした。
キット価格は送料込みで4,400円。新品を購入すると、この2.5〜3倍は必要。注文すると翌日に届いた。(はやー。さすが楽天!)
分解してみると、2つのチャンバーブロックのうち片方のダイアフラムが破損していた。両方とも新品ブロックと交換。しかし、単純な作りだねえ。常時駆動する製品だから信頼性と実績重視か。思いのほか汚れがひどく、手が真っ黒になった。
5年後に消耗部品の交換が必要な製品とあっては、やたらモデルチェンジしたり新製品を出すようなモノでもないのだろう。でも、この振動音はなんとかならないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

収納網戸の修理

Amido
大工仕事は一段落ついたが、家周りのメンテナンスはまだ続いている。
我が家の気密サッシ窓についている網戸は、某T社の「収納網戸」と名付けられた、アコーディオン式の専用網戸である。アコーディオンを平行に開閉するために、細いコードを用いたメカが仕組まれている。新築以来12年半が経過し、そのコードが消耗し、切れてしまった。納入業者に修理見積り依頼すると、外して工場送りとなり、窓2カ所分で34,600円ときた。(新しいのつけた方が安いんと違うか?)
こうなると対抗心がムクムクしてくる。
分解してよく観察した。コードはケブラーの釣り糸か携帯ストラップ用のヒモで代用できそう。コードの末端処理は電気配線用の圧着メガネ端子でいける。
ケブラーは引っぱりには強いが擦れにはさほど強くないと判断し、ネットで手芸屋さんにストラップコードを発注。圧着端子は車イジリ用にストックがある。
宴会帰りの夜、ほろ酔い気分ながら待ちきれずに修理に着手。よく考えられたメカで、コードの取り回しはちょっと複雑。でもなんとか修理完了。窓1ヶ所につきメーター単価40円程のコードを4m程度分の材料代で済みました。
このくらいの仕事は、工場に送らんで、営業所かオンサイトで対応すべきだろう。出張・技術料をとっても1万円もあればできるんじゃないかな。あの法外な修理見積りは、日本の製造産業のひずみというか機能低下を物語っている。もっと、頑張ってよ。
ちなみに、最近のこの手の機能網戸は、磁石やスプリングで動きがアシストされたり、ロール式もあるようだ。ホームセンターに行けば、安価で入手できる。ただし、汎用品はブロンズか黒が主流で、白は無いんだよなー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/05/17

裏木戸改修

Wd2
この前に大工仕事をしてからしばらく経ってしまった。最後に残されていた古い裏木戸を撤去して、他のフェンス部分と同様の横桟デザインに新調。オスモカラーという保護剤で色付けしているのだが、時期が違うと明らかに色が異なる。まあ、1年も経てば同じ感じに褪色していくだろう。これで一連のエクステリア改修計画は終了。内容は、

・ウッドデッキ改修(半分に減築+基礎材補修+面材張替+パーゴラ新設+フェンス張替)

・キット物置新設(デッキ減築部分を造成+基礎工事+キットハウス組立)

・駐車場路面を洗い流しコンクリートに改装

・旧作物置撤去

・自転車置き場新設(キットハウスとウッドフェンスをポリカ屋根で繋ぐ)

など。

Wd1
2007年12月から始めて、都合2年と5ヶ月を要した。
これらは、経費を節約するために、駐車場コンクリート工事を除いて自分でできる範囲・方法で実施したが、なによりDIY趣味欲求を満足させるものでもあり、仕上がりはともかく本人はそこそこの充実感や達成感を味わっている。しかし、このために他の趣味、ホームシアターもクルマもその分エネルギーを割かれていた。

さて、次は何にとりかかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/28

旧作物置解体

Kaitai
キット物置ができあがって、無用になった旧作物置を解体した。この旧作は2001年にjayson木材さん手配による材料で自作した半坪サイズのもの。jaysonさんからは物置の設計や材料の選定にも適切なアドバイスをいただき、なかなか楽しく作成できた思いで深い作品。床板に用いた合板は耐候性が無いから用心するよう言われていたが、確かにそこだけ弱り始めた。しかし今までよく持った。解体しても屋根はほぼ作成時のまま。アスファルトシングル葺きは強い。

娘が小学生の頃、家の鍵を持たずに登校し、夕方帰ってきて家に入れず、親が帰宅するまでこの物置の中で過ごした。その娘も来春からは工学系女子大生になることが決まった。

物置さん。いままでありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/04

キット物置作成その10

Rack2
自転車置き場の雨避け屋根を作って以降、国体やら科研費申請やらイロイロあって、ずいぶん間が空いてしまった。追加注文した床材も留守中に届き、全面が仕上がった。先々週末に壁の上枠を繋いだロフト棚を、先週末にはその下に2段の収納棚を、そして文化の日の今日は壁の片面に腰の高さのテーブルを制作した。室内用はPRF材を使えるから安上がり。仕上がりも想定以上の出来。でも娘曰く、「狭くなっちゃったね」。遊び部屋ではないのだよ。



Rack1
テーブルは30cm幅×180cmの集成材。コーナンで購入。壁ランバーの厚さの部分は1×4材で埋めた。テーブル材と面一になって広く見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/22

キット物置作成その9

Sd2
既設のウッドフェンスと今回の木製物置を繋いで雨除けを作り、自転車置き場とした。屋根パネルはカーポートによく使われるポリカーボネートの平板を検討したがとても高価なので、ネットで探し当てた中空ポリカ(「ツインカーボ」とか「ペアカーボ」という商品名)を採用。サイズ特注で注文したが、現場合わせで微妙なカットが必要になって苦労した。わずかなブロンズ色の半透明、厚さ6mm。後で知ったが、透明ものはコーナンでも売っていた。


Sd1
概観。これから国体関係の仕事でしばらく留守にするので、ここまでは仕上げておきたかった。後は材料不足で中断しているフロア貼りと、棚や机の制作などの内装と、ウッドデッキとのトリミングを計画している。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/09/21

豪華付録Part5 & キット物置作成その8

Dimepad
9月に入って、上京して母校のインカレを見たり、教え子に会ったり、長野の実家の様子を見たり、新潟で競技サポート+隠密活動をしたり、OB会に出席したり、研究の打合せをしたり、飛び回っていた。徳島に帰ってきたら、仕事がドーンと溜まっていて、身動きがとれない。
さて、豪華付録だが、前回と今回の間にもSDカードリーダーやLEDライトをゲットしたが、これは小物と判断して見送った。で、今回はDIMEについてきた電卓付きマウスパッド。手にするといかにもローコストな材質だが、それも結構。次号で色違いのレアものも数量限定で提供されるらしい。

Flooring

それから、前回から滞っていたキット物置は、無垢カバ桜のフロアを貼ることにした。これまでキット物置はほとんどコーススレッドで留めてきたが、フロア材は専用の釘でナナメ打ち。カンカンカンカン近所に響いた。下地の構造合板に比べて何倍も上質だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/30

キット物置作成その7

Window1
今日は窓を2カ所設置した。
まず、窓枠サイズに壁穴を開ける。バッテリー式回転ノコが便利。

Window2
小窓のキットを開けた枠にはめ込む。ぴったり。


Window3
窓枠の周りに化粧枠を打ち付けて完成。


ところで、これら一連の写真集をつくりました。
我が家の家周り

| | コメント (2) | トラックバック (0)