雑感

2011/11/11

ミラージュの幻影

Mirage
ミラージュが復活するらしい。実は、父親の会社が三菱自動車系であったため、隠れ三菱ファンである。ただし三菱車は買ったことも所有したこともないファン不適格者である。初代ミラージュがリリースされたのはちょうど私が高校生の時で、本屋で自動車雑誌を立ち読みしてそのスタイリングの斬新さに心を奪われた。自動車専門誌なるものの存在を知ったのもこの時である。それまでも、ギャランシグマとかセレステとか、他社と一線を画するクリーンなスタイルが三菱の売りであった。当時はマツダ、ホンダを凌ぐシェアを持ち、トヨタ、ニッサンに次ぐ国内第3位の自動車メーカーとして君臨。三菱にとってはいい時代であった。


62817mit11gms_1

三菱がコルトの後継となる世界戦略車として満を持して開発してきた"グローバル・コンパクト"のコンセプトモデルがこれ。i以外はデザイン的に迷走してきた三菱にしては、久しぶりにヒットを予感させるスタイリング。燃費もコンベンショナルなガソリンにあってデミオのスカイアクティブモデルと同等の30km/Lというから期待せずにはいられない。


5375011800_544e2b421b_b


ネットで見つけた生産型予想図。これならコンセプトモデルのイメージそのまま。いいじゃない。我が家の次期セカンドカー候補としてもいいかなと思っていた。

378918

今日、各報道ルートで配信された、世界戦略車"ミラージュ"。見た瞬間 "?????????????",なんだこれは!?
確かにコンセプトモデルとの共通性はあることはあるが、スカットルの高さ、ボンネットの膨らみとバンパーとの境界ライン、ライト形状の変更が元のデザインを台無しにしている。現行マーチのボンネットに旧型フィットのライトを無理矢理押し込んだみたい。リアクォーターはトヨタのヴィッツか軽自動車のよう。「低価格だからとがっかりしないデザイン」を狙ったと言う開発陣の言葉が虚しい。何でこんなに劣化させたのだろう?
スティーブジョブスが三菱の経営陣にいたら、絶対OKは出さなかっただろうな。今の三菱にはそういう感性を持った人物が適切なポジションにいないらしい。ミラージュ復活。何とも残念な想いを抱かせるニュースであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/20

豪華付録Part7

Kled
またまたコンビニでゲット。この手のカラビナLEDライトはホームセンターの陳列棚の角あたりに吊るされているのをたまに見かける。キーホルダーとして、またはAVラックの裏を覗く時に便利かな。これが売価500円ちょっとの雑誌についてくるのだから凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/05

イマイチ付録Part1

Usblock
またまた雑誌付録。

今回は"豪華"モノでなくて、"イマイチ"。

USBロックというモノで、USBプラグ部にロックカバーを被せて物理的に遮断するものだ。

物珍しいので喜んでDIMEを購入したが、開けてみて、じっくり見て、「これって、使えるん?」

いかにも安物のプラスチックだし、ロックの割には素材がヤワ。その気になれば、無理矢理こじり外すこともできそう。そもそも、インストラクションが間違っている。箱や雑誌の記事の説明書きによると、「USB端子の継ぎ目がある側を下にして差し込む」となっているが、それではロックされない。USB端子の継ぎ目の無い側、すなわち穴が二つあいた側を下にすると、そこに爪が噛まされてロックされる構造になっている。どこかで説明が反対に入れ替わってしまったのだろう。
実際にUSBメモリやUSBケーブルに装着してみても、製品の精度の問題か、スムーズに着脱できない。そもそも、ロックが必要な状況は私にはあまり無いし、必要な場合でも他の方法でセキュリティーを保てるだろう。

で、やはり今回は"イマイチ"としておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

新型インフルエンザで自粛ブーム

Photo_2

5月14日。オークランド(ニュージーランド)に着いた。
11日に勤務先の危機管理対策部署からインフルエンザ対策のお達しがあり、危うく渡航を延期させられそうになった。何とか理由をつけて予定通り出発することができたが、ちょっと複雑な思い。ニュージーランドは確かに感染者が7人ほど出ているようだが、いずれもメキシコ帰りの学生で、入国後直ちに隔離された島にいる。国内で2次感染しているわけではないことは、日本と同じ。ニュージーランドに入国することより、移動に伴う空港や航空機内での感染リスクが大きいのだろう。

出発前に読んだ朝刊に「徳島市内、全小学校が修学旅行中止」とあった。ローカルニュースだと思っていたら、共同通信が全国配信している。日本国内の旅行にさほどのリスクがあるとは思えないが、やけに用心深い。心待ちにしていた子どもたちにとっては逆に辛い経験になろう。数日前には高校の海外修学旅行が直前に中止されたニュースもあった。キャンセルすることによる経済的損失、計画した研修プログラムが水の泡になったこと、なにより子どもが被る心的影響を考えると、さほどあるとは思えないリスクを回避する理由は個人的には思い当たらない。

徳島に住んで20年を超える。そこで目にしてきたのは徳島流「教育的配慮」。子どもたちを極力保護することが基本であるようだ。
たとえば、高校受験。私学が少ない地域にあって、公立高校受験に失敗し中学浪人となるリスクを排除するため、ほとんどの高校の競争率が1.0になるように中学側が進路指導により受験校を調整する。
たとえば、競泳の県大会。棄権者が出たため予選が無くなり一発決勝となった際、ブロック大会へ進出するための標準記録を突破する機会を補償するため、決勝の後に標準記録を突破する(失われた)チャンスを回復するための追加レースを行うことを本気で検討する人々。

ここで育つ子どもたちは、安全に保護されて大人になっていくのだろう。

これは、はたして子どもたちのためになっているのだろうか。逆に子どもが成長する機会を失わせていないだろうか。はたまた、大人の保身、責任を逃れるための“事なかれ主義“の選択ではないだろうか。

インフルエンザによる様々な自粛も微妙な問題ではあるが、正確な情報収集、疫学的理解、それに”教育的配慮”のうえでバランスのとれた判断が望まれる。

子どもたちもそうだが、まず、大人が成長しなければ。

(写真はインフルエンザ患者がいるランギトト島。孤島に隔離されているのではなく、たまたまこの島の学校の生徒なんだそうだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/09

買ってみた

Tvab1「TV&バッテリー」って名前がイマイチ腑に落ちない今話題の商品。本日一般販売開始。iPhone本体を買ったソフトバンクショップには、ホントは昨日来ていて、一旦は買いに行くことになっていたのだけれども、電話連絡が来て、「明日にしてくれ」ということで、本日受け取りとなった。
艶有りブラック調のボディはiPhoneに似ていなくもないが、サイズといい、厚さや形状といい、手にしたときの重量感・質感といい、やっぱりコンビネーションとしては釣り合っていない。せめてUSBケーブルを収納できるような構造にしてくれたら良かったのになあ。肝心のバッテリー容量は1200mAh。干上がったiPhoneを100分で満充電できるらしい。入っていた箱から受ける印象ははまさしくSoftbank製。





Tvab2
ワンセグを見るためにはAppStoreで提供されている無料ソフトを起動する。いや、その前にWi-Fiの接続をこの「TV&バッテリー」の持つ固有のSSIDに変更しなければならない。めんどくさいし、グローバルなIPから外れてしまう。受信画像は写真のとおり。ワンセグとしての相当の絵。可もなく不可もなく。しかし、iPhoneらしくなく、画像が回転しないし、文字表示などの芸も無い。シンプルといえばシンプル。おそらく、専用ソフトも逐次改良していくことになるのだろう。
さてどれだけの人が入手するだろうか。補助バッテリーとしては前に採り上げたポケパワー
とかeneloop mobile boosterはじめ、いろいろ出てきているからなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/07

気になる気になる

何かについて書こうと思っていたが、ひとつに決められないので、それらをリストで挙げることにした。
1.プライミーバルの続きはどうなるか?
2.名刺万能 for Macintosh/PLANEX
3.Eye-Fi Share/Eye-Fi Japan
4.DMR-BW950/Panasonicおよびそのモニター販売
5.MacWorld 2009 Keynote
6.Keynote Remote
7.東京都、次世代車の自動車税を5年間全額免除
8.軽薄競争?ビクターvsサムスン
9.転校生-さよなら あなた-
10.「iPhone 3G」用充電・ワンセグチューナー「TV&バッテリーやっと一般発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/30

ポケパワーのリコール

Pocketpower
愛用のPanasonic社製”ポケパワー”がリコールされた。
これ、内蔵する単3充電池でUSBポート相当の電源供給をする携帯電源で、携帯電話、特にiPhoneの補助電源として重宝していた。同様の商品はサンヨーはじめ各社からリリースされ、モバイラーの需要を満たしている。その、Panasonic製BQ-600に発熱事故が4件報告されたため、販売済みの15万台余りを回収交換するとのこと。同社は石油暖房器の一件以来、適切なリコール、企業の危機管理の見本として社会的に高く評価されている。
早速ネットで申し込み手続きをしたら、宅配便で交換品が届いた。
左が交換対象機。本体をクレードルに差し込んで充電する構造。
右の交換品は構成が異なり、充電器は別体。交流電源で充電するためには、充電池を詰め替えなければならない。しかし、そうしなくても、パソコン等のUSBポートに接続することで充電できる。最近はiPhone用の超小型AC-USB電源アダプタ(これもAppleによりリコールされたが!)に類するモノも身近にあるので、これで充電することもできる。充電用USBコードは電池カバー内に収納されているので、この点は前作より便利。ただし、その分厚みが増し、やや大型化しているし、デザイン自体も野暮ったい。不満が無いわけではないが、実質的には充電器とエボルタ充電池2本分得しているような勘定になるので黙っておく。
リコールに要する経費は、15万セット余の交換品とそれに伴う送料、広報費用、人件費を合わせると、ざっと10億円ほどかかるんじゃないかな。企業収益の厳しい昨今にあって、それでも然るべき対応をきちっととれる。この姿勢。信頼するに値しますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/20

豪華付録part3

Dimesp2
DIMEの外付けパッシブスピーカー第2弾。前のより洗練されたデザイン。控えめなコバルトブルー色がいい。ケーブル収納構造もいい。愛用の初代iPod shuffleとの相性も良し。これ、USBメモリ代わりにもなるので、その後のシリーズよりも私にとっての価値は高い。
肝心の音質は、付録としては妥協できる。音が出るんだというチェック用として合格。イヤホンで聴いた方がよほどいいが、複数人で聞く必要がある時に活用できる。
さて、前にSDカードアダプタを取り上げたが、同じと思われる商品を見つけた。360円

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/17

七瀬ふたたびがふたたび

http://www.nhk.or.jp/drama8/nanase/
40年ほど前。NHK少年ドラマシリーズというのがあった。
こども向けのドラマ枠であり、結構マニアックな作品が多かったように思う。
タイムトラベラー、まぼろしのペンフレンド、なぞの転校生、ねらわれた学園、幕末未来人、などなど。当時はビデオレコーダーも無く、生放映をそれは集中して見ていた記憶がある。後に、筒井康隆、眉村卓、小松左京などのSF小説を読み漁ることになったのは、これらドラマシリーズが影響していたに違いない。
原作は家政婦であったのが今回は介護士。物語は今風にアレンジされているが、イメージは変わらない。”ふたたび”このような企画に出会うことができてうれしい。しかし、SFって小説として読む分にはいいのだが、TVドラマや映画になると、イマイチ無理が出てくるね。
さて、原作者のコメントが鋭い。ちょっと独善的?アクの強さはさすが断筆作家。

Spmess_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/24

豪華付録Part2

P9190100
1週間前のことだけど、コンビニの雑誌コーナーでまたまたゲット。
SDカードリーダーが付録。カードリーダーは、パソコンショプでマトモなのを買えば安くても980円位はする。これが500円の雑誌に付いてくる。DIMEは通常は350円の雑誌だから、原価150円ってことか。
さて次は、何が付いてくるかな。USBメモリ?512くらいのやつ?

それにしても、フラッシュメモリカードはSDに収束してきた感がある。
xDピクチャーカードもマイクロSD+アダプタでいけるし。
難敵はメモリースティック。高いしSONY機に限られるし。
英断を望む。
センター入試のリスニングテスト専用メモリとして生き残る道もあるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)