機種関連

2010/11/07

フラットテレビ買い増し

800hx
久々に本来ネタ。

もう1年以上前から大画面フラットテレビの更新を検討していたのだが、このたび、倉庫部屋で眠っていた十数年前の28型管(!)のリサイクルと引き換えに、46型3D対応テレビを導入した。機が熟したと判断したのは、12月からエコポイントが半減するのと、ここに来てデザインと機能と販売価格の面で納得できる製品が選択できるようになったこと。いつもなら量販店各店を調査し、ヤマダでの購入に落ち着くところなのだが、今回それをはるかに上回る好条件を提示してくれたローカル店で購入。詳しくは書けないが、SONYの販促キャンペーンとエコポイントと販売店の値引きを考慮すると、実質的な本体購入代はヒトケタ台!になった。

厚みも外枠も薄いクリーンなデザイン。縦横方向に無駄なスペースを要しない。グレアパネルの美しいこと。黒が締まるのもそれなりの工夫が施されているから。ところでSONYのパネルは共同出資したサムスン製がほとんどらしいが、上位機種についてはSONYの品質基準に合わせるとサムスン製は歩留まりが悪く、結局シャープ製に切り替えているという。シャープと言えば最近の売りはクアトロンだが、黄色の画素が多くなる分4倍速化に無理があるらしく、倍速表示に止まる。これが左右切替でもともと倍速駆動が必要な3D表示にどう影響するか。我が家のブルレイレコーダは3D未対応だが、PS3が3D対応にバージョンアップされたし、しばらくはこれで遊べる。

でも、3D。そのうち飽きるんだろうかなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/10

モバイルWi-Fi導入記

Dwrpg
家や勤務先・旅行先でもネット接続があれば便利である。そういう生活に慣れてしまった事自体は、はたして幸せにつながっているかどうかは疑問だが、便利だし、それを活用することによる充実感はある。

先月、携帯の機種変更した際、いままで利用してきたBluetooth接続に加えて携帯自身にWi-Fiアクセスポイントモードを備えた機種を選んだ。あとはパケット料金の問題。
docomoから「定額データプラン」がリリースされ、いよいよ現実的な費用で利用できるかと思ったが、よく調べたらこのプランを契約するとi-modeが使えなくなる。それは困る。i-modeを使えるダブルパケホで契約し、パソコン接続で利用すれば、値下げされたとはいえ月々1万円以上の定額料金を負担せねばならない。

最近雑誌やネットでポケットWi-Fiなるものが特集され、興味を持ち始めたが、最有力の機種は超人気の品薄で次回入荷9月とか書いてあった。
仕事の帰りにふらっとdocomoショップに立ち寄った。その、品薄機種が2年契約前提にメーカー3万7千円の機種代がゼロ円、予約無しでも持ち帰り可能とのこと。
2年縛りの条件は、1年目の「定額データプラン」は新規お申込み料金割引キャンペーン適用で月々上限4410円、2年目は5980円。プロバイダは利用中のniftyで対応できる。要するに2年間のモバイルWi-Fi環境を12万円ちょっとで購入したことになる。

店員に「WindowsならAOSSでかんたん設定できますが、Macならちょっと苦労するかも」と脅されたが、別にたいしたことはない。ポケット端末への接続は所定のキーコード入力で訳無くつながるし、その後の端末のネット環境設定もブラウザで普通に設定できる。わざわざ設定用Winアプリを開発するならその分コストを安くせい。でもゼロ円だから許す。

さて、これでノートパソコンのほぼ常時ネット接続が可能になった。
それよりも、iPad Wi-Fi の購入条件が整った。事実上、docomo回線使用のiPadということになる。本家Softbank G3環境よりもエリア的に有利だろう。残念なのはGPSがついていないことだけだ。

DWR-PG。これにBluetoohが付いていれば、愛車のナビのネット窓口としても使えるのだが。→バッファローさん?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/06/06

PJ機種変

Vw85
久々に"本業"ネタ。

愛用のVW50を2006年に導入して以来、スティングレイシアターPJのなかでは最長の稼働期間が過ぎていた。
黒猫ビルさんに急かされたからではないが、最新機種を調べてみて、そして某店でVW85を実際に見て、この4年の進歩を改めて知った。これは凄い絵だ。初めてVW10HTをラインダブラー経由で見た時の、それ以上の衝撃を受けた。

シアター開設以来、最大の映像アップデート。「カールじいさんの空飛ぶ家」を機種変記念上映した。

モリヤンさん、モトさんと同じになっちゃった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/06/03

機種変更

P1000007
世の中はiPadのリリースで騒がしい。

Appleマニアのはしくれとしてはぜひとも入手したいところだが、今回はiPhoneの時と違ってちょっと慎重。通信ルートをどのように確保するかによって、使用形態が変わるからだ。周りの人からは"iPadは買ったか?"とよく聞かれるが、期待に反してdocomo携帯の機種変更をしたと返している。

1年程前から、バッテリーの持ちも悪くなってきたのでそろそろ変えようと思ってはいたが、所有欲をそそるような機種が現れず、自重していた。

今回リリースされたdocomo夏モデルには、よく見るとなかなか見どころが多い。

選んだのはN-04B。

ポイントは、Bluetooth、お財布、Wi-Fi。

Bluetoothについては、カーナビ通信/ハンズフリー通話やパソコンでモバイルインターネットする際には必須である。この携帯をズボンのポケットに入れたままで自動車ハンズフリー電話もできるし、G-book通信もできる。同じくMacBookをワイヤレスでネット接続できる。この便利さはもう手放せない。

お財布は、iD,Edy,nanaco,Suica,JAL,ANA,LawsonPass等、この便利さも特筆もの。

今回の目玉はWi-Fi対応。親局に繋がってネット接続でき、フルブラウザ閲覧等がFOMA回線を経由せずにWi-Fiで、要するに無料でネット接続できる。ホームUという無線ターミナルを設置すれば、それ経由のi-mode通信も無料になるらしい。また、この携帯自身をアクセスポイントモードに設定すれば、FOMA回線経由のWi-Fi親機となって、パソコンやゲーム機にIP接続を提供できる。iPadもこれで接続すれは、3Gモデルを買わなくてもいいんじゃない?

まだ判断するには料金プラン等いくつかの条件を確認する必要があるが、とりあえずこのモデルを選んでおけば楽しそう。

GPSや万歩計もある。これに防水機能があれば完璧なのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/28

ハイスピードカメラ花盛り

冬季オリンピックもそろそろ終盤を迎える。
クリスタルジャパンが敗退し、女子フィギュアが終わってすっかり放心してしまっている。
結果はともかく、バンクーバーからのハイビジョン中継の映像は緻密かつ迫力満点。
そこで気付いたのが、各国のコーチ陣が持っているカメラにカシオのEX-FC100/150が多いこと。
それはそうだろう。コンデジでハイスピード撮影ができるのはこれしかない。現場で撮って、肉眼では解らないような速い動きや細かな動きをスロー画像で確認したり、それをすぐ選手にをフィードバックできるメリットは非常に大きい。これが数万円そこそこで買えるのだから、利用しない手は無い。
私の仕事でもEX-F1とEX-FC100は大活躍。両機ともハイビジョン撮影できることもメリット。

さて、FCシリーズは新作の150が出たが、EX-F1の後継機はまだ(弟機の新型は出たが)。
そうしているうちに強力なライバル機が。
http://www.nikon.co.jp/news/2010/0223_coolpixp100_02.htm
来期はニコンでいこうかな。
Nikon_p100_front34r_on_1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/12

やっと出た便利GPSロガー

Gpscs3
新製品ニュースでSONYのGPSユニットに新作が出ることを知り、緊急入手。ロガーとしてだけではなく、GPS非内蔵デジカメのフラッシュメモリ(SD or MS)に位置情報を追加してくれる機能を持つ。GPS内蔵で位置情報を保存できるデジカメはまだ一部の機種とiPhoneくらいか。多くのデジカメユーザーは恩恵に預かれる。SONYにしてはSD対応とはなかなかやるなと関心。テストで週末の大阪日帰り出張のログを取ってみた。


Logmap
例によってWINDOWSで使うことを前提とした商品。でも、Macでもちゃんと使える。
まず、ログファイルをGPSBabelというフリーソフトを使ってGoogle Earthで読める形式に変換(実はちょっとした工夫も必要)。すると、当然のことながらしっかり表示される。
GPSユニットはショルダーバックに入れて、高速バスと電車を乗り継いだが、なかなかしっかり捕捉されている。位置計測の精度もそこそこ良さそう。


Iphotomap
さて、デジカメ写真ファイルの入ったSDカードをこのCS3の裏カバーを開けて、中のスロットに差し込んで、メニューで"Mathcing"を選択すると、位置同期のとれる写真数が表示され、同期の有無を聞いてくる。これを実行すると、それぞれの写真に位置情報が加印される。
このSDカードをMacでiPhotoに読ませると、位置情報に基づき撮影地を地図で表示できる。便利〜。
個人的にはこのコンビネーションは貴重。久々のヒットだと思う。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/09

買ってみた

Tvab1「TV&バッテリー」って名前がイマイチ腑に落ちない今話題の商品。本日一般販売開始。iPhone本体を買ったソフトバンクショップには、ホントは昨日来ていて、一旦は買いに行くことになっていたのだけれども、電話連絡が来て、「明日にしてくれ」ということで、本日受け取りとなった。
艶有りブラック調のボディはiPhoneに似ていなくもないが、サイズといい、厚さや形状といい、手にしたときの重量感・質感といい、やっぱりコンビネーションとしては釣り合っていない。せめてUSBケーブルを収納できるような構造にしてくれたら良かったのになあ。肝心のバッテリー容量は1200mAh。干上がったiPhoneを100分で満充電できるらしい。入っていた箱から受ける印象ははまさしくSoftbank製。





Tvab2
ワンセグを見るためにはAppStoreで提供されている無料ソフトを起動する。いや、その前にWi-Fiの接続をこの「TV&バッテリー」の持つ固有のSSIDに変更しなければならない。めんどくさいし、グローバルなIPから外れてしまう。受信画像は写真のとおり。ワンセグとしての相当の絵。可もなく不可もなく。しかし、iPhoneらしくなく、画像が回転しないし、文字表示などの芸も無い。シンプルといえばシンプル。おそらく、専用ソフトも逐次改良していくことになるのだろう。
さてどれだけの人が入手するだろうか。補助バッテリーとしては前に採り上げたポケパワー
とかeneloop mobile boosterはじめ、いろいろ出てきているからなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/07

気になる気になる

何かについて書こうと思っていたが、ひとつに決められないので、それらをリストで挙げることにした。
1.プライミーバルの続きはどうなるか?
2.名刺万能 for Macintosh/PLANEX
3.Eye-Fi Share/Eye-Fi Japan
4.DMR-BW950/Panasonicおよびそのモニター販売
5.MacWorld 2009 Keynote
6.Keynote Remote
7.東京都、次世代車の自動車税を5年間全額免除
8.軽薄競争?ビクターvsサムスン
9.転校生-さよなら あなた-
10.「iPhone 3G」用充電・ワンセグチューナー「TV&バッテリーやっと一般発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/31

MacProにBDドライブ増設

Pc260020 先日のDVDレコーダーのドライブ交換の際に気付いたのだが、BDドライブがずいぶん値ごなれしてきている。発売当初は4-5万円していたものが、2万円以下で買えるようになっている。AppleはもともとBlu-ray陣営に属しているはずなのに、未だパソコンにBDドライブを搭載していない。愛用のMacProは光学ドライブを2台収容できるドライブベイがあり、1台分は未搭載。ならばこの際、安くなったBDドライブをここに押し込んでやろうと思い立った。購入したのはI.O.DATA製[BRD-SH6B]。中身はLG製[GGW-H20N]である。LGモデルは17000円台で売られている、I.O.DATA製はそれより千円ちょっと高いがソフトが充実している。(WIN用だけど)。同様の価格帯でBUFFALO製[BR-616FBS-BK]という選択肢もある。いずれもBD6倍速モデルである。8倍速以上のモデルが潤沢に供給されるようになったことが値崩れの理由か。


Pc260026 内蔵用BDドライブのインターフェースは、現状ではシリアルATAに限られている。MacProのドライブベイはIDEで接続する仕様。作戦としては;

  1. SATA-IDE変換アダプタを介してドライブベイのIDEケーブルに接続。(秋葉館方式)
  2. マザーボードの未使用SATA接続インターフェースにSATAケーブルで接続。
  3. PCIカードでSATAインターフェースを増設してSATAケーブルで接続。

以上の3つの方法が考えられるが、とりあえず一番手っ取り早くて安上がりな2番を選択。ドライブを重ねるとこんな感じ。上が既存ドライブ。下が増設BDドライブ。ちなみに1番方式はアダプタが2台目と干渉するので秋葉館情報によると置き換えになるということだが、上下を入れ替えればいけるんじゃないかなあ?


Pc260033 MacProのHDDドライブ、CPUカバー、ファンユニットを取り外し、マザーボード上のSATAコネクタは、内装HD用のそれに並んで配置されている。未使用が2ポート分。この2ポートはBootCampでWindows起動した際はアクセスできないんだとか。赤いSATAケーブルをつないでもう一方を光学ドライブのコネクタ位置まで導く。


Pc270039 ツインドライブ完成。今回初めて知ったのだが、キーボードの[eject]ボタンで上の1台目ドライブが、[option]+[eject]で下のBDドライブが反応する。構造的な問題からBDドライブトレイの化粧板は外した。美しくない。これはAppleのスタイリングに関するガイドライン(そんなのあるか?)に反すると勝手に評価して対策を考えてみる。


Pc280048 そこで、化粧板を上下とも1ミリほどサンドペーパーで削り、Pro本体のドライブシャッターを通過できるように改造した。これならOK。満足。 さて、BDによるストレージ環境としてはこれでいいが、MacOSは未だセルBDの再生には対応していない。CPRM絡みの問題らしい。さっさと解決してね。JOBSさん。

しかし、これが大晦日にふさわしい内容なのか? ということで、気まぐれなブログ書きも今年はこれでおしまい。みなさん、良い新年をお迎えください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/12/30

ポケパワーのリコール

Pocketpower
愛用のPanasonic社製”ポケパワー”がリコールされた。
これ、内蔵する単3充電池でUSBポート相当の電源供給をする携帯電源で、携帯電話、特にiPhoneの補助電源として重宝していた。同様の商品はサンヨーはじめ各社からリリースされ、モバイラーの需要を満たしている。その、Panasonic製BQ-600に発熱事故が4件報告されたため、販売済みの15万台余りを回収交換するとのこと。同社は石油暖房器の一件以来、適切なリコール、企業の危機管理の見本として社会的に高く評価されている。
早速ネットで申し込み手続きをしたら、宅配便で交換品が届いた。
左が交換対象機。本体をクレードルに差し込んで充電する構造。
右の交換品は構成が異なり、充電器は別体。交流電源で充電するためには、充電池を詰め替えなければならない。しかし、そうしなくても、パソコン等のUSBポートに接続することで充電できる。最近はiPhone用の超小型AC-USB電源アダプタ(これもAppleによりリコールされたが!)に類するモノも身近にあるので、これで充電することもできる。充電用USBコードは電池カバー内に収納されているので、この点は前作より便利。ただし、その分厚みが増し、やや大型化しているし、デザイン自体も野暮ったい。不満が無いわけではないが、実質的には充電器とエボルタ充電池2本分得しているような勘定になるので黙っておく。
リコールに要する経費は、15万セット余の交換品とそれに伴う送料、広報費用、人件費を合わせると、ざっと10億円ほどかかるんじゃないかな。企業収益の厳しい昨今にあって、それでも然るべき対応をきちっととれる。この姿勢。信頼するに値しますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧