パソコン・インターネット

2010/07/10

モバイルWi-Fi導入記

Dwrpg
家や勤務先・旅行先でもネット接続があれば便利である。そういう生活に慣れてしまった事自体は、はたして幸せにつながっているかどうかは疑問だが、便利だし、それを活用することによる充実感はある。

先月、携帯の機種変更した際、いままで利用してきたBluetooth接続に加えて携帯自身にWi-Fiアクセスポイントモードを備えた機種を選んだ。あとはパケット料金の問題。
docomoから「定額データプラン」がリリースされ、いよいよ現実的な費用で利用できるかと思ったが、よく調べたらこのプランを契約するとi-modeが使えなくなる。それは困る。i-modeを使えるダブルパケホで契約し、パソコン接続で利用すれば、値下げされたとはいえ月々1万円以上の定額料金を負担せねばならない。

最近雑誌やネットでポケットWi-Fiなるものが特集され、興味を持ち始めたが、最有力の機種は超人気の品薄で次回入荷9月とか書いてあった。
仕事の帰りにふらっとdocomoショップに立ち寄った。その、品薄機種が2年契約前提にメーカー3万7千円の機種代がゼロ円、予約無しでも持ち帰り可能とのこと。
2年縛りの条件は、1年目の「定額データプラン」は新規お申込み料金割引キャンペーン適用で月々上限4410円、2年目は5980円。プロバイダは利用中のniftyで対応できる。要するに2年間のモバイルWi-Fi環境を12万円ちょっとで購入したことになる。

店員に「WindowsならAOSSでかんたん設定できますが、Macならちょっと苦労するかも」と脅されたが、別にたいしたことはない。ポケット端末への接続は所定のキーコード入力で訳無くつながるし、その後の端末のネット環境設定もブラウザで普通に設定できる。わざわざ設定用Winアプリを開発するならその分コストを安くせい。でもゼロ円だから許す。

さて、これでノートパソコンのほぼ常時ネット接続が可能になった。
それよりも、iPad Wi-Fi の購入条件が整った。事実上、docomo回線使用のiPadということになる。本家Softbank G3環境よりもエリア的に有利だろう。残念なのはGPSがついていないことだけだ。

DWR-PG。これにBluetoohが付いていれば、愛車のナビのネット窓口としても使えるのだが。→バッファローさん?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/12/16

あれから一年。MacProドライブ入れ替え・ふたたび。

Mprodrivr1
昨年末最後の投稿が仕事で使っているMacProへのブルレイドライブの増設だった。あれから一年。標準装備のスーパードライブの書き込みができなくなった。レーザー出力の低下が原因か。DVDの書き込みはブルレイドライブで可能だが、機能不全は精神的によくない。保証期間は過ぎているし、ともかく、ドライブ交換が手っ取り早い。

早速パーツ屋さんでバルク品を探す。アジア製が多いが、その中でも一応パイオニアブランドを選び購入。ブルレイドライブに比べてとても安い。

さて、2階建ての上層ドライブを外して、入れ替える。


Mprodriver2

例によってトレー前面のベゼルを外し、サンドペーパーで削って改造。これでMacProのドライブシャッターをクリアできる。
両ドライブともロゴ付きベゼルとなり、賑やかになった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/11/06

Mac mini のHDD換装

Hdch家でMac mini(G4)のモニタとして使っていた(三菱VISEO MDT201WS)が突然お釈迦になった。
アナログTVチューナーを備えた光沢画面の20インチモデル。メーカー3年保証を半年過ぎてからダメになるなんて。三菱タイマーなんて聞いたことないぞ。修理見積りは液晶パネル交換でバカ高い。アナログチューナーはもはや不要だし、このクラスのモニタだったら今なら1万円台でも手に入る。
で代わりを物色していたら、I.O.DATAの直販サイトで地デジ内蔵22インチ(LCD-DTV222XBR)が28,800円でアウトレット処分中。この夏、音源出版のビジュアルグランプリを受賞した製品だし、それがカカクコムよりずっと安く処分中。これ、いこう。
ところがこのモニタはアナログVGA入力が無く、DVIかHDMIでいくしかない。件のG4Mac miniはDVI出力が可能なはずなのだが、デジタル接続は相性が悪いことは解っている。
そこで、ホームシアターシステムに組み込んでいたもうひとつのMac mini(Intel core-duo)をこの際移設することにした。ただしこのIntel miniのHDDは標準の80GB。ちょっと役不足。で、500GBドライブを8000円(安くなったなー)ほどで購入して換装した。


Pbhd
外した80GBは外付けケースに入れてポータブルストレージとして活用。G4miniはどうしよう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/04/12

やっと出た便利GPSロガー

Gpscs3
新製品ニュースでSONYのGPSユニットに新作が出ることを知り、緊急入手。ロガーとしてだけではなく、GPS非内蔵デジカメのフラッシュメモリ(SD or MS)に位置情報を追加してくれる機能を持つ。GPS内蔵で位置情報を保存できるデジカメはまだ一部の機種とiPhoneくらいか。多くのデジカメユーザーは恩恵に預かれる。SONYにしてはSD対応とはなかなかやるなと関心。テストで週末の大阪日帰り出張のログを取ってみた。


Logmap
例によってWINDOWSで使うことを前提とした商品。でも、Macでもちゃんと使える。
まず、ログファイルをGPSBabelというフリーソフトを使ってGoogle Earthで読める形式に変換(実はちょっとした工夫も必要)。すると、当然のことながらしっかり表示される。
GPSユニットはショルダーバックに入れて、高速バスと電車を乗り継いだが、なかなかしっかり捕捉されている。位置計測の精度もそこそこ良さそう。


Iphotomap
さて、デジカメ写真ファイルの入ったSDカードをこのCS3の裏カバーを開けて、中のスロットに差し込んで、メニューで"Mathcing"を選択すると、位置同期のとれる写真数が表示され、同期の有無を聞いてくる。これを実行すると、それぞれの写真に位置情報が加印される。
このSDカードをMacでiPhotoに読ませると、位置情報に基づき撮影地を地図で表示できる。便利〜。
個人的にはこのコンビネーションは貴重。久々のヒットだと思う。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/09

買ってみた

Tvab1「TV&バッテリー」って名前がイマイチ腑に落ちない今話題の商品。本日一般販売開始。iPhone本体を買ったソフトバンクショップには、ホントは昨日来ていて、一旦は買いに行くことになっていたのだけれども、電話連絡が来て、「明日にしてくれ」ということで、本日受け取りとなった。
艶有りブラック調のボディはiPhoneに似ていなくもないが、サイズといい、厚さや形状といい、手にしたときの重量感・質感といい、やっぱりコンビネーションとしては釣り合っていない。せめてUSBケーブルを収納できるような構造にしてくれたら良かったのになあ。肝心のバッテリー容量は1200mAh。干上がったiPhoneを100分で満充電できるらしい。入っていた箱から受ける印象ははまさしくSoftbank製。





Tvab2
ワンセグを見るためにはAppStoreで提供されている無料ソフトを起動する。いや、その前にWi-Fiの接続をこの「TV&バッテリー」の持つ固有のSSIDに変更しなければならない。めんどくさいし、グローバルなIPから外れてしまう。受信画像は写真のとおり。ワンセグとしての相当の絵。可もなく不可もなく。しかし、iPhoneらしくなく、画像が回転しないし、文字表示などの芸も無い。シンプルといえばシンプル。おそらく、専用ソフトも逐次改良していくことになるのだろう。
さてどれだけの人が入手するだろうか。補助バッテリーとしては前に採り上げたポケパワー
とかeneloop mobile boosterはじめ、いろいろ出てきているからなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/31

MacProにBDドライブ増設

Pc260020 先日のDVDレコーダーのドライブ交換の際に気付いたのだが、BDドライブがずいぶん値ごなれしてきている。発売当初は4-5万円していたものが、2万円以下で買えるようになっている。AppleはもともとBlu-ray陣営に属しているはずなのに、未だパソコンにBDドライブを搭載していない。愛用のMacProは光学ドライブを2台収容できるドライブベイがあり、1台分は未搭載。ならばこの際、安くなったBDドライブをここに押し込んでやろうと思い立った。購入したのはI.O.DATA製[BRD-SH6B]。中身はLG製[GGW-H20N]である。LGモデルは17000円台で売られている、I.O.DATA製はそれより千円ちょっと高いがソフトが充実している。(WIN用だけど)。同様の価格帯でBUFFALO製[BR-616FBS-BK]という選択肢もある。いずれもBD6倍速モデルである。8倍速以上のモデルが潤沢に供給されるようになったことが値崩れの理由か。


Pc260026 内蔵用BDドライブのインターフェースは、現状ではシリアルATAに限られている。MacProのドライブベイはIDEで接続する仕様。作戦としては;

  1. SATA-IDE変換アダプタを介してドライブベイのIDEケーブルに接続。(秋葉館方式)
  2. マザーボードの未使用SATA接続インターフェースにSATAケーブルで接続。
  3. PCIカードでSATAインターフェースを増設してSATAケーブルで接続。

以上の3つの方法が考えられるが、とりあえず一番手っ取り早くて安上がりな2番を選択。ドライブを重ねるとこんな感じ。上が既存ドライブ。下が増設BDドライブ。ちなみに1番方式はアダプタが2台目と干渉するので秋葉館情報によると置き換えになるということだが、上下を入れ替えればいけるんじゃないかなあ?


Pc260033 MacProのHDDドライブ、CPUカバー、ファンユニットを取り外し、マザーボード上のSATAコネクタは、内装HD用のそれに並んで配置されている。未使用が2ポート分。この2ポートはBootCampでWindows起動した際はアクセスできないんだとか。赤いSATAケーブルをつないでもう一方を光学ドライブのコネクタ位置まで導く。


Pc270039 ツインドライブ完成。今回初めて知ったのだが、キーボードの[eject]ボタンで上の1台目ドライブが、[option]+[eject]で下のBDドライブが反応する。構造的な問題からBDドライブトレイの化粧板は外した。美しくない。これはAppleのスタイリングに関するガイドライン(そんなのあるか?)に反すると勝手に評価して対策を考えてみる。


Pc280048 そこで、化粧板を上下とも1ミリほどサンドペーパーで削り、Pro本体のドライブシャッターを通過できるように改造した。これならOK。満足。 さて、BDによるストレージ環境としてはこれでいいが、MacOSは未だセルBDの再生には対応していない。CPRM絡みの問題らしい。さっさと解決してね。JOBSさん。

しかし、これが大晦日にふさわしい内容なのか? ということで、気まぐれなブログ書きも今年はこれでおしまい。みなさん、良い新年をお迎えください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/22

おまた 〜iPhone購入顛末〜

Iphone
Steve JobsのWWDC2008でのキーノートを見た翌6月11日。最寄りのヤマダデンキに行って何か情報はないかと聞き出そうとした。担当者はまだ何も決まっていないが予約は受け付けるとのことで、一応16G黒モデルを予約した。店で2番目の予約ということなので、発売日には入手できるものと安心しきっていた。
発売前日。指定の16G黒は入荷しないとの連絡。このときの女性店員の話しっぷりからイヤな予感。このひと、理論的な思考ができていない。怪しい。金曜の発売日を迎えたが、仕事があるので発売開始時間に店頭で並ぶなんてできない。リスク回避のため、発売日の夜、別のソフトバンクショップに赴き改めて16G黒モデルを注文。既に当日分は売り切れ、次回の入荷はいつになるかわからない。
土日を挟んだ月曜。入荷の電話あり。はや〜。やればできるじゃない。
それに比べてヤマダったら。件の女性店員の言い訳が矛盾に満ちていて、ますます怪しい。自己防衛はいいからなぜ素直な話ができないのか。もーいい。ここはキャンセル。

で、使用後1週間の感想。
これはいい。私の生活環境にぴったり。もう、Macを持ち歩かなくてもいい。
端末機としても優れていると思うが、mobile meやMacとのSyncによるパーソナルデータの一元化など、一連のIT環境が活用できることがすばらしい。
これは携帯電話ではない。iPhoneを窓口とする、Appleが提供する環境なんだ。
#ちなみに、まだこれで電話をかけたことがない。電話は依然としてdocomo。でも、i-modeメールの返信を打っていると、なにか、一昔前の世代のマシンに思えてくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/12

予約しますた

現在愛用の携帯はdocomoのP905i。かなり気に入っている。
お財布携帯機能としてEddyやiDが使えるので、財布を持ち歩かなくてよい。ICカード機能で飛行機の乗り降りもスイスイ。BluetoothでPowerBookのワイヤレスパケット通信アダプタにもなるし、愛車のG-bookナビ連動で、ポケットに突っ込んだままハンズフリー自動車電話したり、G-Bookのデータ通信ができる。iSyncで.Macとも連動するので、iCalやアドレスブックなど個人情報も一元管理できる。
906シリーズがリリースされたものの、マイナーな改良はあるもののさほど進化はしていない。
これで十分と思っていた。

6/9に開幕したWWDCのキーノートを配信動画で観た。リアルタイムで観たかったが、睡魔に勝てず、日が明けてから6時間遅れで観た。
ソフトバンクから7月11日発売。電話と言いながら、日本の携帯とは全く性格が異なる。
一昔前だったらザウルスとかParmみたいなPDAとして。それから携帯インターネット端末として。サードパーティーが提供する対応アプリはゲームをはじめ、様々な用途が想定されている。GPSも搭載しており、昨年買ったガーミンが無駄になる恐れもある。ものすごいツールの登場だ。
FOMAを持っているからiPod Touochでいいかなと思っていたが、値段を知ってびっくり。それより安いじゃない。電話もできる3G通信もできるiPod Touochがわずか2万円で買えるのか。

これは買うしかないな。

ヤマダに行ったら、通話プランや売買条件等まだ詳細は解らないが予約は受け付けるとのこと。

もし、docomoから出ていたとしても、買い増しになっただろうな。

ところで、件のジョブスのキーノート。70カ国にわたるiPhone 3Gの発売国をプレゼンする場面。最初はあの有名な曲がバックに流れ、高揚感を高めていたのだが、一日経ったら曲の音声がカットされていた。ディズニーからクレームが来たんだろうな。著作権者の権利だろうが、これくらいは寛大になってほしいものだ。

Iphone_lateralnav_promo_4


Apple Store(Japan)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/08/21

GEでバーチャルツアー

Photo
夏のプログラムも一段落し、ちょっと余裕ができたので、前回報告した Google Earthのツアー機能を活用して、以前に行ったチロルやドロミテ方面のツアースキーのルートを再現してみた。
これが凄い。
設定したコースをフライトシミュレーター感覚で、任意の鳥瞰環境で空中散歩ができる。
あの時の記憶も蘇る。
大げさな言い方をすれば、「神に近づいた」。
2001年宇宙の旅のスターチャイルドとも繋がる?
すごいものを開発したな。
これは北イタリア/ドロミテのセラ山塊を一周する、通称「セラ・ロンダ」の反時計回りルート。

続きを読む "GEでバーチャルツアー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

GE + GPS

2007
仕事で使うためにガーミン社ハンディGPSを入手した。日本版道路地図も海図も地形図も、大容量microSDカードに収めて使える優れモノ。ただし、今後対応するとメーカーは言っているが、Macで活用するための環境がイマイチ。国内版地図ソフトで対応するのはプロアトラスX3くらいしかみ見あたらない。
ところが、Google Earthが見事に対応している。遠泳のルートを検討するために船で予備調査したその航跡から予定ルートを確定。そのルートを事前にツアーで鳥瞰移動することができる。これは、バーチャル遠泳だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧