« あけましておめでとうございます | トップページ | アウトランダーPHEV試乗会 »

2013/01/03

旧世代レーダークルーズ

Rccx

愛車を今月中に手放すので、今まで試していないことに挑戦。

6年前のこの車には、現在EyeSightとかe-Assistとかの呼称で宣伝されている自動ブレーキ&オートクルーズ機能の前世代版が搭載されている。自動ブレーキは最新の”ぶつからない”ではないが、ダメージを軽減する程度の効果はある。オートクルーズはe-Assistと同様のミリ波レーダーで先行車との距離を監視し、設定速度に関わらず車間距離を保ってくれる。
今回、高知道南国インター料金ゲートから徳島道徳島料金所ゲートまでの150km区間を、オートクルーズ機能を操作することのみで走行できるか試してみた。
結果、交通量が少ないこともあってか、速度設定+-ボタンと車間距離設定ボタンを操作するだけで、一度もブレーキベダルもアクセルペダルにも足を乗せることなく通過できた。ランプから本線への加速合流や追い越し車線での追い抜きも問題無かった。人間と違って状況を先読みできないので、若干スムースやかしこさに欠ける点はあるが、6年前の制御技術でもたいしたものである。
もうすぐ手に入る最新の制御技術を活用することも楽しみである。
(もちろん、危険な場合にはペダル操作することが前提です。よい子の皆さんは真似をしないでくださいね)
cc

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | アウトランダーPHEV試乗会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84039/56460258

この記事へのトラックバック一覧です: 旧世代レーダークルーズ:

« あけましておめでとうございます | トップページ | アウトランダーPHEV試乗会 »